日々是好日

copori.exblog.jp ブログトップ

ノルマンディー地方の街、ルーアンへ!


f0341967_03355209.jpg

パリから電車で約一時間半、ノルマンディー地方の中心都市ルーアンへ!

ルーアンと言えば、ジャンヌ・ダルクの終焉の地として知られ、
また日本人では小説家の遠藤周作が、戦後初のフランス留学生として
リヨン大学に入学する前の約2ヶ月間を、このルーアンで過ごしました。

街はとてもこじんまりしてるので一日あれば充分に楽しめます。



まず最初の見所は、遥か昔ローマ時代に敷かれたという『大時計通り』。
その古い通りに燦然と光り輝く大時計。

f0341967_03440292.jpg
反対側はこちら。


f0341967_03464786.jpg

大時計通りの全体はこんな感じになっています。


f0341967_03564982.jpg

土曜日の早朝だった事もあり、まだ人通りは少なく閑散としていますが
お昼過ぎに再び通った時は、観光客で賑わい溢れかえってました。


この街の特徴の一つは、ハーフティンバーといって(フランス語ではColombages)
「木組み建築」で建てられているとこ。
イギリスや北ヨーロッパ地方に多くみられる建築スタイル。

パリの建物はほとんどが石造りで美しく統一されているのに対し
ルーアンの旧市街に入ると、その街並みがとても可愛らしく親近感が湧きます。


f0341967_04003959.jpg

f0341967_04235602.jpg

てくてく歩きながら、ようやく街のシンボルであるノートルダム大聖堂へ。
うわぁ~!!と感動したのも束の間・・・

あれっ?カメラに収まらない・・・

ルーアンで写真を撮るたびに度々苦労したのが、路地が狭くて入り組んでいるのに
突然目の前にどどーん!!と大聖堂が現れるので、
いくら後ろに下がってみたり、しゃがんだりしても
正面玄関全体ですらカメラに収まらないという次第。。。


f0341967_04494347.jpg
現在シートがかかってる部分は、夏になるとライトアップし光のショーを催すため
その準備でシートがかかっていたようです。

印象派の画家モネはこの大聖堂をモチーフに約30点もの作品を残しました。
ルーアン美術館にもそのうちの数作品が展示されていました。


続きはまた明日!



f0341967_05233723.jpg







[PR]
by erikok0826 | 2014-05-31 22:43 | | Comments(0)