日々是好日

copori.exblog.jp ブログトップ

未来の私への手紙


大学を卒業し、パリに留学する前からずっと日記をつけていた。

私の日記は、とても細かくて、
一日の予定から、気になったこと、食べたものから
フルートの練習日記、気になった時事ネタ、読書した内容など多岐に渡る。


継続は力なり。
じゃないけど、日記をつけていると過去を振り返った時、
あの時自分の心境がどうだったのか、
何に一番興味や関心をそそられ、何を感じ、何を追求してたのか
心をなぞり直すことができる。

もしも心が迷子になった時、初心を忘れそうになった時、
過去の出来事や記憶を自分の都合のいいようにすり替えようとした時、
日記はあの日、あの時の真実を鮮明に教えてくれる。


でも私はパリを去る決断をしたとき、今まで大事に書き綴ってきた
約9年分の日記を全部捨ててしまったのだ。

自分がやってきたこと、信じてきたこと、目標に思ってたことが
信じられなくなってしまい、それを信じてずっとやってきた自分が
世間知らずのただのバカに思えて、惨めで情けなかったからだ。
もう過去を見ることはないと思い、全て捨ててしまった。


でも、それは間違っていた。


全ての一日が積み重なって今の自分がいるのに。
そしてその一日一日は、私一人では到底立てることではなく、
沢山の人が私を立たせてくれて、私は成り立っていたのに、
そんな身近なことを忘れて、私はあの時の一瞬の感情に流されて
大切な日記を捨ててしまった。

パリにいる前からつけていた約10年分の日記は
もし手元にあったのなら今頃、今の私、将来の私への手紙となり、
指標になっていてくれただろうに。

大切に綴ってきた一日一日を大事にしたい。
私の目の前にある人生は今もこれからもキラキラして美しいのだから
ちゃんと見逃さずに大切に書き残したい。


パリの日記はもうないけれど、また書けばいい。

それにきっとそう簡単には記憶から消えないだろう。
パリでの8年間が今の私を作り、体に焼き付いているのだから。

そして私は世界中どこにいても、どんなに苦しい状況でも
きっとその中から小さな喜びやキラキラしたものを自分で見つけることが出来るだろう
といつも強く感じている。

今後、辛いことがあったり、悩んだり戸惑って、自分を見失いそうになった時、
心が迷子になった時、一日一日を大切に書き綴ったこの日記が
“過去の私からの手紙”となって私を心強く支えてくれる。


f0341967_10210211.jpg










[PR]
by erikok0826 | 2015-04-11 10:21 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)