日々是好日

copori.exblog.jp ブログトップ

中欧ヨーロッパ紀行⑥ ~ハンガリー・ブダペスト編。


f0341967_09113659.jpg
6年ぶりにブダペストにやってきました!
感慨深くて、街に付いた途端、見覚えのある通り、建物、街並みに
興奮を隠せない私でした!


移動中のバスの中から、ブダペストはドナウ川を挟み
ブダ地区とペスト地区(正しい発音はぺシュト)に分かれてますが、
その2つの地区を結ぶくさり橋を。

f0341967_09142082.jpg

左手に国会議事堂が見えてきました!

f0341967_09171757.jpg


f0341967_09175744.jpg

f0341967_09224849.jpg

ブダペストは遡ることローマ帝国時代、
ケルト人がドナウ川沿いに集落を作ったことから始まります。

そういえばヨーロッパの殆どの首都が大きな川沿いに街が繁栄してます。
パリならセーヌ川、ロンドンはテムズ川、チェコはモルダウetc,,,


それにしてもドナウ川は本当に広くて長いですね。
パリにすんでいた時、仕事先に毎日アレクサンドル3世橋を渡って
セーヌ川を超えていましたが、歩いてもすぐに渡れるけれど
こちらはホント長いなぁ~って思いました。

6年前にここの橋を渡った時は10月と言えど、物凄い底冷えのする寒さと
川からの冷え切った風が顔を切るような痛さで、
顔がマヒしそうになりながら渡った記憶があります。


ブダペストは寒暖の差が激しく、冬は11月でも最低気温氷点下とかざらに行きますが
夏は逆に物凄く熱く、40℃近く行くこともあります。
私がここに来た時、まだ34℃くらいで、まだ凌げる暑さでしたが、
その一週間前なんか40℃だったそうです!!

これには訳があって、ブダペストは平野だからなんですね。
日本に帰った時、「わ~日本涼しい!」って思ったくらいでした。



さてさて私たちはまずブダ地区にある「漁夫の砦」という場所に向かいました!


f0341967_09371021.jpg

緑の丘に真っ白な建物が映えます。
ここを歩いて登ります。

f0341967_09391115.jpg

f0341967_09395008.jpg

蒸し暑く陽射しを直に受けていますが、てっぺん目指して登ります。

f0341967_09403324.jpg


↓わ~凄い眺め!

f0341967_09410778.jpg
空が大きいなぁ!


↓反対側。
懐かしいな~。ここを6年前も同じように歩いたな。
あのときは寒くて寒くて歩くの辞めたかったけど、
登った後のブダペストの景色が、寒さもかじかんだ手足も、全て消してくれるような
荘厳な美しさだったのを思い出します。


f0341967_09421968.jpg

↓広場に出ます。

f0341967_09455568.jpg

広場ではこのうだる暑さの中、大道芸人さんがお仕事してます。
さりげなさ過ぎて、誰も気づいてないようですが・・・

f0341967_09464342.jpg


広場の横に見えてきたゴシック様式の教会、
マーチャーシュ教会。正式には聖母マリア教会と言います。


f0341967_09484378.jpg

この教会の屋根、ヨーロッパのどこの教会にもない屋根です。
これはハンガリーでも名だたる窯元、ジョルナイ製の陶器のダイヤモンド模様の瓦屋根なのです。

陽の光によく映えて、モザイク模様が美しかった。



小さな広場に建つマーチャーシュ教会ですが、ホンっと広角レンズがないと
写真に収まらない!!

f0341967_09551887.jpg
全体像がなくてごめんなさい。。。
次回は広角レンズを買うことにします。


f0341967_09562674.jpg

↓周りの広場。

f0341967_09574176.jpg

↓みんな写真撮るの大変だよね。


f0341967_09591574.jpg

↓ハンガリー国旗ですね。

f0341967_09594544.jpg


f0341967_10002785.jpg


f0341967_10020695.jpg

瓦屋根の細かさ、美しさは伝わるでしょうか・・・

f0341967_10032820.jpg

f0341967_10040284.jpg

このまま古い街並みを歩きます。

f0341967_10044447.jpg

f0341967_10053552.jpg


f0341967_10063501.jpg

街の人も、観光客も、いろ~んな人が歩いてるのを眺めるのは
なんかあとっても楽しい。


f0341967_10083274.jpg


f0341967_10092692.jpg

f0341967_10102809.jpg


漁夫の砦を下り、再びドナウ川へ出ました。
ブダ城の全貌が見えます。


f0341967_10122480.jpg

ヨーロッパは空模様が一刻一刻で変わるから面白い。
さっきまで晴れてたのに、どんよりした雲が漂ってきた。



↓路面電車!!

f0341967_10131217.jpg
車体を見ると古いけど、風情があって街に溶け込んでいます。


うわっ!こっちからも!

f0341967_10153507.jpg

↓ブダペスト版べリブ。パリではべリブって呼ぶけどこちらは何て呼ぶんだろう?

f0341967_10163326.jpg


バスで英雄広場に向かいますが、その途中にこんな痕跡が。。。


f0341967_10181572.jpg
銃弾の痕跡です。
ハンガリー動乱の時のものでしょうか?
ソビエトに支配されていたハンガリー。
民衆はなんとかソ連の支配権力を倒そうと立ち上がりますが、
結局ソビエト軍に鎮圧され、何千というハンガリー市民が殺害され、
二十五万人以上が難民となり国外へ逃亡しました。

まだまだ社会主義時代の痕跡が見られます。

ウィーンもチェコも、ここハンガリーもそうですが今は民主主義となり
経済も栄えてきましたが、(チェコはまだまだ課題がある)
社会主義だった国はなんとなく物悲しい、そして厳しい紛争の後を
街の端々に感じる独特の雰囲気があります。


f0341967_10272991.jpg
柱の上にはガブリエルが立っています。

f0341967_10295653.jpg


広場の右手にはブダペスト現代美術館があり、
左手には現在改修工事中のブダペスト国立西洋美術館があります。

f0341967_10324709.jpg

ハンガリーは著名な科学者、またノーベル賞受賞者を多く輩出し、
みんな知ってるルービックキューブもハンガリー人のルビク・エルネーが発明しましたよ。

↓現在、改修工事中の西洋美術館

f0341967_10372485.jpg


バスで食事に向かう途中、夕日に染まった国会議事堂やブダペストの街並みが
なんともうっとりする美しさでした。

f0341967_10392314.jpg
f0341967_10400516.jpg

f0341967_10403797.jpg

f0341967_10414150.jpg

ほんの一瞬の出会いだった気がします。
こんなに薄紅色に染まった街を見れて良かったです!

f0341967_10423123.jpg

次はドナウ川のクルーズ、ブダペストの夜をご紹介します!






[PR]
by erikok0826 | 2015-07-16 10:43 | | Comments(0)