日々是好日

copori.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

中欧ヨーロッパ紀行② ~チェスキークルムロフ編。


オーストリアから車で北上し、チェコに入ります。
南ボヘミア州にある街、チェスキークルムロフにやってきました!


f0341967_08444124.jpg
スメタナの交響詩でもお馴染み「我が祖国」の第2曲モルダウ(チェコ語でヴルタヴァ)。
この川沿いに13世紀後半、チェスキー・クルムロフは街としての建築がはじまりました。



f0341967_08474279.jpg
↑クルムロフ城は断崖の上に建てられた、非常に大きなお城です。
さまざまな時代に合わせて改築を重ね、中世・ルネサンス様式・バロック様式など
古くから時代とともに歩んできた街だということを肌で感じます。

この回廊の下を潜り抜けると、街が見えてきます。


f0341967_08575799.jpg

橋の下にはヴルタヴァ川が流れ、そこでカヌーを楽しむ人々がいました!


f0341967_08591768.jpg
f0341967_09000023.jpg
f0341967_09004367.jpg

オーストリア・ウィーンに到着時は日中など結構気温が高く、
暑さを感じましたが、チェコは空気が締まっていて肌寒かったです。
川でカヌーしてて寒くないのかな?
でも気持ちよさそう!!


f0341967_09013610.jpg
お城の全体図は、反対側の丘に登ってから紹介しましょう☆
川を渡って、街の中心部に入って行きます。

f0341967_09034428.jpg
瞬時に移り変わる空模様がまたとても印象的でした。

f0341967_09052724.jpg

この街は、14世紀に手工業や商業が盛んになり、益々発展していきました。



f0341967_09074434.jpg
ベルギーのブルージュにも少し似ている気がしますが、
なんといってもこちらは、手作りの民芸品やお土産がとても可愛くて
小さなお店を見て回るだけでもすごく楽しいです。

緩やかな石畳の坂を登って行くと、、、

急に視界が晴れ、見えてきました!クルムロフ城の全貌が!

f0341967_09103970.jpg
あの断崖の上に、中世にどうやって築いてきたのでしょう!圧巻です。
13世紀にボヘミアの有力貴族であったロジェンベルグ家(ドイツ語でローゼンベルグ家)が
この街を治めます。交易でも栄えたこの街は、16世紀にはいるとルネサンス様式の建物が増えます。


さてさてそろそろお昼の時間です。

f0341967_09170403.jpg
みんなお昼からビール!
それにしてもチェコはビールがホンっっと美味しかった!!!!

日本でも一時期はやった、バドワイザーはアメリカの物と思われがちだけど
実はチェコ産です。本社もチェコにあります。

この地方の高級料理は鱒です。

地元の郷土料理を食べさせてくれるお店に入ります。
フレンチやイタリアン、またスペイン料理とは違い地味ですが、
このチキンスープは絶品で、もっとおかわりしたかった~(涙)くらい
お母さんの味、地元で受け継がれてきた味ですね。

f0341967_09193976.jpg
そしてビール!!!

f0341967_09223572.jpg
↑エッゲンベルグのビールは切れ味、最高です!
これで2ユーロなんて!!! おそらく酒税がホント安いんでしょうね。

エッゲンベルグは一族の名前で、ロジェンベルグ家衰退の後にこの地を治めた一族です。
16世紀にロジェンベルグ家が次第に財政破綻していき
このチェスキー・クルムロフは神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世が没収します。
その後ボヘミアにおけるプロテスタントの反乱により、神聖ローマ帝国を巻き込んだ
30年戦争に突入します。そこで神聖ローマ帝国に貢献したエッゲンベルク家にこの地を与えました。

この一家が醸造、手がけたのが1560年から続くこの伝統あるビール。

チェコは結構重たい料理が多いですが、このビールは郷土料理によく合います。
もちろんエッゲンベルグビール以外にも数え切れない種類の美味しいビールが
チェコにはゴロゴロあります。
飲みきれないくらいですよ!黒ビールもおススメです☆


その後は鱒料理。
ちょっとグロテスクなんですが・・・・
でも美味しいんです!身がふわっとしていて新鮮で。
高級料理名だけあって、貴重で他のとちょっと違います。

あとジャガイモ!
ジャガイモ大好物な私にとって、こんなに味が濃くて、
塩ゆでしただけでもごちそうになっちゃう美味しいジャガイモはたまらなく贅沢でした。


f0341967_09330538.jpg

ビールも飲んだし、沢山食べたし、お腹がいっぱいですが
ゆっくり街を散策します。

とにかく旅の醍醐味と言えば、たぁ~くさん細かい道や細い道も歩かなきゃね!


f0341967_09354983.jpg
f0341967_09363485.jpg

↑わぁ~ホント凄いなぁ!!

f0341967_09373521.jpg
f0341967_09381298.jpg
f0341967_09384713.jpg

私の知り合いに、ヨーロッパなんてどこ旅したって教会とお城しかないし石畳だし
どこも一緒だよ!
って言った人がいるけど、私はどの街も印象深いし、どこが一番なんてつけられないし
どの街もホント魅力的で、其々色んな文化を影響し合って、しのぎ合って作られた街。
そこに行かないと分からない発見がたくさんあると思うのです。

そして旅は、さまざまな文化、民族、宗教、習慣。
それに関心を持って理解しようとするから、心も寛容になれる気がするのです。

f0341967_09435586.jpg

f0341967_09444135.jpg

さてさて、次回は断崖絶壁の上のクルムロフ城に登って街を紹介したいと思います。

f0341967_09462774.jpg

みなさん良い一日を♪









[PR]
by erikok0826 | 2015-06-25 09:46 | | Comments(0)

中欧ヨーロッパ紀行① ~ウィーンそして車でチェコへ。


ウィーン・プラハ・ブタペストに旅行へ行ってきました!

お天気にも恵まれて、思う存分楽しみ、満喫してきました!
今日から少しずつ写真を紹介していきたいと思います☆


今回は成田空港から、イスタンブール経由でウィーンへ飛びました。
ここ最近は羽田ばかり通ってるので、久々の成田。
成田のエルメス。

f0341967_13502489.jpg
f0341967_13574740.jpg



パリやヨーロッパのウィンドウデザインとは異なり、
日本のショーウィンドウのデザインは可愛らしく、テーマ性が高いものが多いのに比べ
ヨーロッパは格式高く、重厚感のあるデザインが特徴です。

今回、いろんなエルメス店を見ましたが、
プラハのエルメス店舗は更に格調高く、そのブランドの伝統をより一層感じます。
それに比べて、イスタンブールのアタチュルク空港内のエルメスは
ショーウィンドウは手あかで汚れているし、本来ならば置いてはならないところに
BOXなどを出しっぱなしにしていたり、ネクタイやスカーフの飾り方も雑でした。

仕事に関係して、目が行ってしまう私でした。


さてさて本題の旅行に戻り、ウィーンの空港へ着きました。

f0341967_13594590.jpg

飛行機が定刻から遅れたために、夜遅い到着となりました。
まずはウィーン郊外のホテルに移動し、
明日は朝早くから車でチェコに移動します!
ウィーンへはまた後日戻ります。



いまヨーロッパは一番陽が長く、気候のいい季節です。
朝起きたら沢山の小鳥の鳴き声と、締まった空気、風の音。
本当に気持ちのいい朝でした!

f0341967_14050669.jpg
↑もうすぐ陽が昇ります!

チェコへ移動する前にまずは近くの森林公園を散歩します♪



f0341967_14063631.jpg
朝早すぎて、まだ誰も公園に人が見当たりません。

f0341967_14071187.jpg


f0341967_14082571.jpg

公園も日本と全然規模が違う!
ホンっとひろ~~い!


↓カモさんに遭遇。人が近寄っても全然逃げようとしません。

f0341967_14093618.jpg
↓こっちのカモさんはまだ朝起きたてで、寝ては起きて寝ては起きてしてる。

f0341967_14120365.jpg
f0341967_14125952.jpg
丁度お庭にも花が咲いていい季節です。
散歩してるだけでエネルギーが湧いてくる。


さてここからはチェコに向けて、車で移動します。
飛行機で移動してしまえばあっという間だけど、
ヨーロッパの田舎の風景を満喫するには鉄道での移動か車がいいです。


ウィーン郊外からしばらく走ると、ドナウ川を見下ろすヴァッハウ渓谷に隣接した
メルク修道院が見えてきました。
1089年に建設されたベネディクト会派系の修道院です。

f0341967_14240598.jpg

中世時代に入ると、聖書を複製するために写本の技術が発達し
ここメルク修道院でも修道士による写本生産が数多く行われ
膨大な数の書籍を有する図書館も併設されました。
またヴァッハウ渓谷沿いや、このあたりの街も探索したいな~と思いました。


また暫く車でトコトコ。
オーストリアの田園風景が目の前に広がります。

f0341967_14300530.jpg
f0341967_14402308.jpg


この辺りはチェコとの国境にも近いので、麦畑も多く
その多くはビールの原材料です。
さすがビールの美味しい街なんだな、って思います。

f0341967_14311478.jpg



ペストが大流行した当時、水が飲めなかったため、
発酵したビールを飲むことで水分を補ったとも言われてます。
↓ずっと広がる麦畑。


f0341967_14411724.jpg
空模様の移り変わり、果てしなく続く畑。
気持ちが晴れ晴れします。


さて次回はチェコ。
世界遺産に登録されたチェスキー・クルムロフを紹介していきます!




[PR]
by erikok0826 | 2015-06-21 14:34 | | Comments(0)

気に入っちゃったフリースのポーチ。


関東は梅雨入りしました。
けれども朝晩は風もひんやり、肌寒く感じる日もあります。

最近の文ちゃんのお気に入りは、フリースのポーチの上で昼寝をすること!
ソファの上にポーチを置いておいたら、すっかりそこでお座り。
場所を陣取っていました。。。


f0341967_09584205.jpg

おやつのキャベツを食べた後だったので、くちばしの横にはキャベツが付いたまま・・・。
ちょっと情けないですが、、、、


お腹がいっぱいになると、目がとろ~~んとしてきます。↓


f0341967_10023221.jpg
あとはぐっすり。


f0341967_10055620.jpg


時間がたつとまた起きだして遊びだす文ちゃん。
でもホント気にいってしまったみたいで、
なかなかどいてくれない・・・
わ~~ポーチを返してくれー!!




f0341967_10042895.jpg

おちゃめな文ちゃんでした。








[PR]
by erikok0826 | 2015-06-11 10:07 | どうぶつ | Comments(0)

再び中欧ヨーロッパへ!!


久々の更新になってしまいました。
5月の月末からは仕事で嫌なことが続き、
同僚の間でも不信感が漂う事態になっていましたが、
なんとか(?)乗り越えつつある今日この頃です。
普段自分から誰かに悩みを相談できる環境にないので
そんなとき支えてくれる家族や、私を理解してくれた同僚には感謝です。

さて色々あったけど、もうすぐヨーロッパ旅行が控えています!

今回の旅行はチェコ・ハンガリー・オーストリアです!

ハンガリーは特に思い入れがあり、丁度私がフルート以外の先生で
室内楽を丁寧に指導してくれる先生を探していた時、
国際コンクールを受ける直前に訪れた、ハンガリーのブタペストで
リスト音楽院教授で、ショパンコンクールの審査員も務めた
先生に師事できたことが今でも貴重な経験になっています。


英雄広場から見たブタペストの街並みと、ドナウ川の雄大さ、
また有名なくさり橋は圧巻でした。
まだ10月だったのに、もんのすごく寒くて、
パリに帰った時、なんて暖かい街なんだ!!って思ったくらいでした。


f0341967_21530517.jpg



古風な街で、街かどにあるカフェもとても可愛かったな。

f0341967_21552819.jpg

ただ保守的な国で、何年か前まで社会主義の国だったので
なかなか英語が通じず、人々も少し恥ずかしがり屋さんだった記憶がありますが
慣れると本当に気の置けない、親切で心根の温かい人ばかりです。



f0341967_21564027.jpg
2009年の10月上旬に行った時の写真ですが、10月とは思えないほどの寒そうな感じが
写真で伝わるでしょうか?
思い出すだけでも底冷えのする酷い寒さでしたが、
その寒い土地で飲んだパプリカのスープは絶品でした。


f0341967_22002079.jpg
↑街にあるポスト。かわいい~~


f0341967_22012965.jpg
↑郵便配達車に乗らせてもらう。


f0341967_22054610.jpg
f0341967_22061110.jpg
街を歩いた記憶はどうして鮮明なんだろう。
いつもふとした瞬間思い出すよ。


f0341967_22075706.jpg

↓はしゃぐ私と同行のカメラマン。

f0341967_22092702.jpg

f0341967_22103307.jpg

6年ぶりのブタペスト、今から楽しみです。

去年の7月にパリを離れたばかりで、またパリに行くのはまだ早い!
それに今はまだ時期じゃない。でももうすぐかな。
そしたらパリの皆さん、会ってくれるかしら?
その時はまた知らせますね☆

ブタペスト以外にも、チェコ、プラハもオーストリア、ウィーンも
きっと懐かしいヨーロッパの風に浸りながら、パリを後にしてからの一年を
どう感じるのか、とても楽しみです☆
少しでも成長してたらいいけどな。どうなんだろ。どう感じるか怖いようなワクワクするような・・・

この旅行を後2週間後に控え、まだまだ問題の続く仕事の方は明日からまた踏ん張ります。

よい週末を♪

[PR]
by erikok0826 | 2015-06-05 22:19 | | Comments(0)