日々是好日

copori.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

待ち遠しかった!仕事!!


シルバーウィークで4連休だった私。
みんなはこの連休も仕事をしてるのに、私だけ休みでなんだか寂しい。。。
うちは労働組合がしっかりしているので、雇用主が労働者を手厚く扱ってくれる。
最近のサービス業によくある、過酷な労働やノルマを課さない。

上の人は、休め休め。と言う。
あんまり仕事し過ぎちゃだめだよ!とも言う。
昔だったら喜んだ私だけど。。。

こんなに仕事が楽しいと思えるのはいいことだ!
ようやく連休あけて、今日から待ちに待った仕事が始まるよ!


でも・・・・。

今日、明日と仕事に行ったら、また土日休みだよ。。。
今週は2日しか仕事をしませんでした。


f0341967_17233117.jpg





[PR]
by erikok0826 | 2015-09-24 07:02 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

シルバーウィーク♪


シルバーウィーク。敬老の日・国民の休日・秋分の日と祝日が続き、
先週の19日からお休みで、長い長い連休を過ごした方も多かったと思います。

私は20日から4連休でした。

20日の敬老の日は、祖母を連れて横浜高島屋で気に入った洋服をプレゼントしました。
本当はサプライズで渡したかったけど、
こだわりの強い強い祖母。
気に入ったものでないと着ないと思ったので、一緒に選びに行きました。
孫に買ってもらったのが余程嬉しかったらしく、
祖母の家に戻ってからも、綺麗に包装してもらった袋を優しく丁寧にあけながら
何度も嬉しそうに眺めていました。

それを見てたら私まで嬉しかったので、少々予算オーバーな買い物でしたが
喜ぶ顔が一番私も嬉しかったです。


それにしても、敬老の日は9月15日と決まっているにもかかわらず、
今回は経済効果も期待して、長い連休にするために15日から20日にずらし、
また秋分の日が22日。
新しい法律では祝日と祝日に挟まれた日は国民の休日になるため
今年はその法律にのっとり21日が国民の休日。
それでこんなに長い連休となりました。

経済効果を狙ったことだろうけど、やはりご老人を敬う日は
きちっと固定して15日であるべきではないかな。と思いました。

また巷でよく耳にする、おじいちゃん、おばあちゃんを「ジジ・ババ」と幼い子供の前で呼ぶ
いい歳した大人。
それを真似して子供も「ジジ・ババ」と呼ぶ。
やはり長い人生、たくさんの苦労や経験を積み重ね、経験と知恵を重ねた賢人であるご高齢の方に
いくら身内でも「ジジ・ババ」と呼ぶ大人に対してアレルギーを起こす私であったのでした。

私は小さいころから「おじいちゃん・おばあちゃん」と敬って呼ぶように
よく周りの大人から叱られたものでした。
今は口うるさく叱ってくれる大人がいなくなったのかもしれません。


日本も高齢化社会を迎え、80歳・90歳を過ぎるのはもはや当たり前になる中で
歳をとれば、どうしても出来ることが少なくなり、昔当たり前にできたことが出来なくなったり
日常生活や立ち居振る舞いも子供に返っていくように見えてしまうかもしれません。
介護施設や病院でよく見かけるのが、お年寄りに対して、まるで子供に話しかけるように
赤ちゃん言葉で話しかける人をたくさん見ますが、
どんなに認知症になっても、体が動かなくなっても、
ご高齢者には自尊心や尊厳があると思うので
やはり敬う気持ちを持って接する。これは大事なことではないかと思った敬老の日でした。



f0341967_16532866.jpg








[PR]
by erikok0826 | 2015-09-23 17:17 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

東京ディズニーシー ~後編


前回の続き、東京ディズニーシーです。


f0341967_09460487.jpg

ランチを終えて外に出てみると、曇りだった朝とはうって変わり
すっきりと晴れ、暑さと陽射しが眩しい午後の一日となりました!


↓こちらはトイ・ストーリーのコーナー!

f0341967_09475993.jpg
f0341967_09492519.jpg
子供だけじゃなくて大人まではしゃいでるね。

f0341967_09500978.jpg
細かいところの一つ一つが全て楽しい。

f0341967_09505860.jpg


こちらは落ち着いた、まるでヴェネツィアを彷彿とさせます。

f0341967_09515552.jpg

f0341967_09531202.jpg
↓ゴンドラはここから出発します!

f0341967_09534802.jpg


船を降りた後は、またヨーロピアンな園内を歩き回ります。

f0341967_09543151.jpg

f0341967_09550113.jpg
小道まで実によく再現されていて、やっぱり日本のディズニーランド(シー)は
本当によくできてる!人気の秘訣がよくわかりました!


f0341967_09554790.jpg

ウェスタンコーナーやインディ・ジョーンズのアトラクションもいい!

f0341967_09573341.jpg

f0341967_09582957.jpg
この猿が人を見つけてはちょっかい出してくる~~><!

f0341967_10012746.jpg


f0341967_10020204.jpg
f0341967_10024590.jpg


f0341967_10033598.jpg
久しぶりに子供に返ったような、(←いつもか?!)
伸び伸びしたいい一日でした。

本当は夜景と夜のショーを見て帰りたかったのですが
明日は朝から仕事なので、早めに切り上げました。
また次回、ゆっくり遊びたいと思います!



[PR]
by erikok0826 | 2015-09-20 10:05 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

東京ディズニーシーへ行ってきました。


父の仕事の関係でディズニーリゾートの招待券を貰ったので
ねずみの国、いやいや、東京ディズニーシーに行ってきました。
毎回この招待券にはお世話になっております。


f0341967_17374905.jpg


平日の人が少ない時をねらって行ったつもりですが、
相変わらず凄い人でした・・・。


f0341967_17381540.jpg


f0341967_17392091.jpg
↑チップ&デール、どちらかわかんないですが
お出迎えしてくれました。

f0341967_17395159.jpg

只今ハロウィーンのイベントをやっていて、園内はハロウィーンの飾り付けで
とっても可愛いです!

f0341967_17403280.jpg

f0341967_17414024.jpg

f0341967_17420304.jpg
さっそく色んな乗り物に乗ります☆


f0341967_17432642.jpg

f0341967_17441819.jpg
↑これ楽しかったー!


f0341967_17444704.jpg

景色は夢の国。

f0341967_17452113.jpg

プルートがいたよ!

f0341967_17462369.jpg

至る所にかぼちゃ

f0341967_17471418.jpg
ここにも。。。

f0341967_17480133.jpg

ここにも!!

f0341967_17482923.jpg

こっ、ここにも!

f0341967_17490468.jpg

夜になると、このカボチャは光を灯して、ミステリアスな風景に。





f0341967_17494921.jpg
歩いてるだけで楽しい!


f0341967_17512226.jpg


↓見えてきた!SSコロンビア号


f0341967_17514885.jpg
この招待券では、一般の人は入れない特別ルームのラウンジで
飲み物を頂いたり、写真撮影をしたり、ゆっくり休んだ後
優待席で食事を頂きます。


ここでインターフォンを押すと、係の方がお出迎えしてくれます。

f0341967_17544687.jpg
f0341967_17562711.jpg

中のお部屋でくつろがせていただきます。

f0341967_17554304.jpg
f0341967_17574616.jpg
f0341967_17581769.jpg
好きな飲み物を頂き、ゆっくりくつろいだ後は
レストランの優待席へご案内されます。
ここではショーを見ながら食事ができます。


f0341967_17595734.jpg

きのこのクリームチャウダーは絶品でした!

f0341967_18002617.jpg
f0341967_18012985.jpg

お昼から食べすぎています。。。

f0341967_18030506.jpg

窓の外では只今ミッキーがショーの公演中。
この後私たちにちゃんと挨拶しに来てくれました☆

f0341967_18040299.jpg
デザートはパンプキンのムースとオレンジシャーベットとレモンのジュレ。

f0341967_18050307.jpg

f0341967_18061453.jpg
アフタヌーンティーは手抜かりせず、しっかり本格茶葉を使っていて
淹れ方も素晴らしかった!
私は滅多にレストランで紅茶は頼まないんです。
何故って、ティーバックを使ってたりお水がだめだったり、
ちゃんとした茶葉を使ってないし、淹れ方が悪いお店が多いので
紅茶専門店以外では飲まないけれど、ここは美味しかったです!


f0341967_18064800.jpg

普段外食があまり好きではないので、人に会う時以外は滅多に外で食べませんが、
久々に心豊かな時間を過ごせました。
こういうのもたまにはいいな~と思います。


食事の後は、膨らんだお腹を抱えて、またパークを散策&乗り物に乗ります。
お天気も昼ごろから一気に晴れ渡り、暑いくらいでした。

その様子はまた次回!







[PR]
by erikok0826 | 2015-09-16 17:30 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

一日を終えて。


仕事を終えて自宅に帰ってきた。
夕日の光が家の中に差し込んで、とても綺麗だった。
夏を終えると、夕方がなんとも寂しい季節になるけれど、
それでもこの光はとても温かい綺麗な光だ。


f0341967_18310119.jpg

昨日は大雨で東日本がまた災害に見舞われ、
天候の突然の変化や、気象予報でも見通すことのできない災害と
隣り合わせに生きて行くしかない。
自然の力に人は敵わないとつくづく思う。

今朝の東京の地震も大きい縦揺れだっただけに
本当に驚いたが、それでもこうして一日を無事終えることができただけで
ありがたいことだな、と思う。



朝の地震でビックリしてしまった文ちゃんも、
その後落ち着きを取り戻した。
もうご老体な文ちゃんだけは、しっかり守ってやりたいと思う。


f0341967_18314605.jpg







[PR]
by erikok0826 | 2015-09-12 18:37 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

新生活。


9月から新生活が始まっている私。

今までは仕事上どうしてもシフトの変動が激しい為、不規則な生活を強いられ
早朝に出勤したと思えば、次の日は遅番で夕方からの出勤だったり、
残業でなかなか定時に帰宅できなかったり、
寝不足になり、体がなかなか一定のリズムにならず
仕事以外のプライベートでは、気力で何かをするしかなかった。

どんなに夜遅く帰ってきた次の日でも、起きる時間だけは絶対に変えないようにして
朝も7時前には起きるように習慣付けてはいました。
日曜や休日でも7時前には起きてました。

が。。。
それでも激しいシフトの変動は、時に異常な疲れと慢性的な寝不足に陥ります。


それが9月からは環境を一転し、
朝は8時に出勤、15時45分終業、シフトなし。の生活になりました!!

やはり人間、朝は太陽と共に起き、陽が沈んだら仕事を終えて
夜はリラックスしなければ!と思いました!
こんなにも今までの環境とは天と地も差があるなんて!!

どうしても物販やサービス業は、朝から夜遅くまでデパートや百貨店が空いてるので
シフト制でフルに人を稼働させなくてはなりませんし、
土曜日や日曜の休日こそ、売り上げが立つので、どうしても休めません。

時代が変わり、社会が変わり、お客さんが多様化して、
夜遅くまでお店をあけるのが当たり前になっています。
いつでも人は物が欲しい時、時間・曜日気にせず外に出れば何でも買えます。
我慢したり、先に買っておくなど、機転を利かすことも少なくなりました。

果たしてこんなに便利なのは、人間にとって本当に幸せなんだろうか?
といつも思います。

原始的な生活をしよう!というわけではないですが
もう少し社会の在り方を考えたり、経済ばかり考えることをホンの少し辞めたら
少しだけ生きやすく、また環境にも優しい世の中になるのではないでしょうか。

私はコンビニやファーストフード店には殆ど行かないので
そんな便利さがよく分かりませんが、
使い方次第で、災害や地震のときには役に立つポイントになるし
地方に暮らしてる人や、過疎化した地域に独りで暮らすお年寄りを支えるには
一つの救いなのかもしれないので、一概には批判的になれませんが、
何事も程々がいいのかな、って思います。

今の世の中は「便利」「売れる」だけに重きが行き過ぎているようでなりません。


こんなに生活が規則正しくなるといいことばかり!
今までがどんなに自分が歪んだ日々を送っていたのか分かります。
(仕事なので致し方ないですが)

健康第一で、日中はいい仕事をして、終わったらきちんと休んで、
自分の時間を愉しむ。

これが人間の基本だなって思った一日でした。


f0341967_10254024.jpg







[PR]
by erikok0826 | 2015-09-08 07:14 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

母からの贈り物。


いい歳して、母から絵本の贈りものを頂きました。
絵本は大人になって読み返すと、子供のころには見えなかったものが見えたり、
新しい視点に気付かされることがあるので、
こんなシンプルで分かりやすい言葉の中に見落としがちな大切な言葉や
気付きがたくさん入ってるな、と思います。


f0341967_09391692.jpg
『貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に欲があり、
いくらあっても満足しないこと。』

この絵本は2012年にブラジルのリオネジャネイロで地球環境の問題を議論する国際会議で
南米のウルグアイの大統領、ムヒカさんが演説した内容を絵本にしたものです。

この小国を牽きいた大統領の言葉は私たちに大きな質問を投げかけます。
これを読んですぐに答えを出すのではなく、いつも頭の片隅で問いかけて
自分なりに答えを求めたのなら、なにか小さくても意識が変わるような気がします。



f0341967_09430701.jpg


もう一冊は大好きな、向田邦子の本。

シンプルなもの、時代を感じさせない物は長く、今でも新鮮に映ります。
30歳を過ぎたら、安物の服やカバン、靴をたくさん持つより、
上質で着心地の良いもの、自分に合ってるものを数枚持てばいいなと私は思ってます。


向田さんのその流儀が伝わってくる一冊でした。

f0341967_09534376.jpg

f0341967_09564541.jpg

身に付ける一つ一つまで、こだわりと流儀を貫く。
改めて自分の足で立ってる女性はカッコいいな!
と思いました。


人から本を頂くのは、本当に嬉しいです。
例え自分の好みでない本でも、滅多に手に取らない本でも、
その人が、私を考えて贈ってくれた本には
自分の知らない世界が沢山詰まっていて、一冊一冊に本当に愛着を感じます。

ありがとう!

私もこんな風に大事な人たちに本をプレゼントしたいなって思いました。





[PR]
by erikok0826 | 2015-09-07 10:08 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

亡き妻のフルート。

果たしてGさんのフルートはどんな音がするのだろう?
ふと、そう思う。


物静かでいて、口数は多くないが
時々温かい言葉をかけてくれるGさん。

私の生徒さんではないが、いつも私の演奏をいつか聴きたい。
と声をかけてくれる。


私が重たい楽譜を抱えて歩いてると、
優しく「手伝いましょう」とさりげなく手を貸してくれる。
よく人を観察していて、細かいことをよく見ている。

紳士だけれど、決して順風満帆で何事もなく年輪を重ねてきたというよりは
なにかを今も抱えているけれど、それが決して物悲しい雰囲気になるわけではない、
独特のオーラを持っている人だといつも感じていた。


ずっと私に話しかけたそうな感じだったが
なかなかゆっくり話す機会がなかった。


そんなある日、独りでいる私を見つけて声をかけてくれたGさん。
「フルートって本当にいい音を出すのが難しい楽器ですね。
まずは音が出なければ音楽は始まらないけど、その音がなかなか出ないです。」
とおっしゃった。


話を聞くと、Gさんも14金の楽器を使っているそうで、
正直、フルートを初めてわずか数年の人が使うには、
それは難しいだろうと私は思った。
楽器をコントロールするのが難しくて苦労してる様子だったので、厚かましくも
なにか私に出来るアドバイスをしようか迷ったが、何かがそれを阻んだ。


その時、ふとさりげなく、「これは妻の形見でね。」

その言葉を聞いた時、胸に熱いものが込み上げた。


Gさんの周りを覆い囲む、あの独特の空気はそれだったのか。
なにかが私の中で合致したように感じた。

Gさんは苦笑いしながら
「きっと本当はもっと初心者の僕に相応しい楽器があるんだろうけどね。
でも妻がこれでフルートを吹いていたもんだから。」


きっと今も一緒に音楽を奏でているんだろう。
決して過去を邂逅するでもなく、
一緒に生きている前向きな姿勢なんだろう。と思った。

経験を重ねた者であれば、その人を見ただけで、演奏を聴かなくても
その人がどんな音楽をするか、どんな音を奏でるか、大体わかる。


Gさんの音色が私にははっきり聴こえたような気がした。



f0341967_11055424.jpg








[PR]
by erikok0826 | 2015-09-01 11:16 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)
line

日々の生活の雑記


by erikok0826
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30