日々是好日

copori.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

花冷え


全国で相次ぎ、桜の開花宣言が出ていますが、
近頃は肌寒い日が続き、春が遠のいたように感じていました。
一時的なこの寒さを『花冷え』というそうです。

近所の桜並木も、一輪、二輪ほど花を咲かせています。
蕾もだいぶ大きくふっくらピンク色に色づき、
これで気温が上がれば一気に開花しそうです。

最近ずっと体がだるいなぁ~と思っていたら
どうやら風邪をひいていたようで、
節々の痛みは風邪が原因だったようです。
ゆずはちみつ茶や葛根湯を飲んで体を温め、
今日は家で一日ゆっくり過ごしました。


久々の文ちゃん登場!
ぶんぶんは春が待ち遠しくて首をなが~くしております^^


f0341967_17203891.jpg

[PR]
by erikok0826 | 2016-03-29 16:19 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

フェルメールとレンブラント展@六本木森アーツセンターギャラリー


3月31日まで東京・六本木ヒルズ内、森アーツセンターギャラリーで開催中の
フェルメールとレンブラント17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展に行ってきました!


17世紀に海洋交易とスペインからの独立を目指した戦争により
大きな経済発展を遂げたオランダ。
一般市民にも経済的ゆとりが生まれ、絵画を飾る家庭が増えたことにより
オランダは風俗画、風景画、肖像画、建築画、など大きな発展を遂げました。

その数々を紹介する興味深い内容でした!
当時の生活や海洋国家として栄えたオランダの発展と日常を思う存分楽しむことができました。

ニューヨークのメトロポリタン美術館から、フェルメールの≪水差しを持つ女≫と
レンブラントの≪ベローナ≫が日本初公開作品としてはるばるやってきました!


f0341967_16405207.jpg



なかでも私がもっとも興味を抱いたのは、建築画として
当時の教会内部を数多く残した画家たちでした。

写真を撮れないので、ここで紹介できないのが残念ですが、
エマニュエル・デ・ウィッテの『ゴシック様式のプロテスタント教会』(アムステルダム美術館蔵)です。

プロテスタントに改宗した教会の内部を描いた一枚の絵。
カトリック教会が、絵画や彫刻などの美術品を信仰心をより高めるために効果的に使ったのに対し、
プロテスタントは偶像崇拝が禁止だったため、
その教会から壁画を剥がした跡などが画家の手により鮮明に描かれていた。

また海洋交易を活かし、17世紀初頭にはアジアにも進出して手に入れた
当時ヨーロッパでは珍しいアジアの香料、サンゴ、漆、器など豊富なアジア文化を
静物画や肖像画に取り入れていた。
いかに豊かな経済力を持っていたのかがうかがえる。


そのほかにもフランス・ハルスの『ひだ襟をつけた男の肖像』や
ヤン・ステーンの『恋の病』、ピーテル・デ・ホーホーの『女性と召使のいる中庭』など、
何度見ても新鮮さを失わない名画ばかりだった。


3月31日まで、残りわずか!
ぜひまだ見ていない方は足を運んでみてはいかがでしょう♪














[PR]
by erikok0826 | 2016-03-28 17:16 | Comments(0)

夢。


しばらく寒い日が続いたからか。
もしくはちょっと疲れていたからか。
このところ夜寒くて眠りが浅かった。

パリにいた頃は眠りが浅く、ちょっとした物音や
近隣の人の声ですぐに眠れなくなるほどの不眠症だったけど、
日本に帰ってきてからはそれが嘘のように毎日快眠で困ってる。


けれど、このところうすらうすら夜目が覚めては
何か夢を見て、また目を覚まし、また浅い夢を見る。
そんな日々が続いた。


それは遠い遠い記憶。遥かかなたに過ぎ去った時間、出来事。
会えるけれど、もう二度と会うことのない人たち。
もうすっかり変わってしまったのだから会わないままの方がいい人たち。

あの頃みんなが無条件に大人になれると当然のように思っていたけれど、
思い出すのはずっと14歳のままで、私たちだけが歳を取ってしまって
大人になることができなかった、いまは会うことができない亡き人。

そんな懐かしいような物悲しいような夢が続いたのだ。

みんな私の手の届かない遠い所へ行ってしまった。
きっと夢で会いに来てくれたんだな、と思う。



f0341967_16005424.jpg







[PR]
by erikok0826 | 2016-03-16 06:55 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

春は目の前。


せっかく暖かくなって、コートもいらないかな?と思っていたのに、
真冬のように寒い日が戻ってきたこの4日間。
この寒さは今日までで、明日からは暖かい春日和がやってくるらしい。

確かに。月日がたつのは早いもので、窓を開けると
庭に咲いた沈丁花の淡い香りがする。
もうすぐそこに春が近付いているのだ。

東京の桜の開花は3月21日ごろ。
今日は冷たい雨が降っているけれど、
この寒さに耐えて桜は花を咲かせるのを待ってるんだね。

今日仕事がお休みの私は家でのんびり。
来週は東京の上野にでも行って、美術館に足を運ぼうかしら。




f0341967_15460025.jpg






[PR]
by erikok0826 | 2016-03-14 15:47 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)
line

日々の生活の雑記


by erikok0826
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31