日々是好日

copori.exblog.jp ブログトップ

新しいことを始める!



久々のブログ更新です!

忙しかった7月は閃光の如く瞬く間に過ぎ去り、8月に入りました。
今年は梅雨明けが例年より遅く、雨の少なく湿気もそこまで感じないカラッとしたお天気が続いていましたが
8月に入り夏本番!毎日暑いです。

もうすぐリオデジャネイロオリンピックも開幕間近!
ロシア選手の国がらみのドーピング問題が発覚し、IOCは厳しい裁断を自ら決することから逃げ、
国際的な大会への信頼を回復するために、ドーピング撲滅への厳しい姿勢を見せられなかったのは残念でした。
無実のロシア選手までオリンピックに出場させないのは可哀想だとの意見もわかりますが、
国ぐるみ、組織ぐるみが発覚した以上は、前例を許さないためにも、IOCは厳しい判断をして、
ドーピングをしてない他国選手の人権を守るべきだったと私は思いますが、
何より選手たちには怪我のないように4年に一度の大舞台を思いっきり楽しんできてもらいたいです!


さてさて、今年の私の目標の一つに、
普段の自分ならしないような新しいことにチャレンジする!って目標を立てましたが
それを実行に移せぬまま月日は経ち・・・・。
気付けば8月になってしまいましたが、遂に今日!新しいことにチャレンジします!

なんと全く泳げない私が水泳を始めたのです!!


この年齢になって泳げもしないのに、新しいことにチャレンジするのは本当に勇気がいります。
それに恥ずかしさもあります。
泳げる人の前で泳げない私はバタバタもがかないといけないのです。。。

でも近所の人で水泳をやってる方がいて、その人は70代になるにもかかわらず
無駄のない機敏な動きと、無駄な贅肉の無いコンパクトな体系に
私は憧れてしまい、泳げもしないのにすぐに水泳を始めるために
スポーツクラブに入会してしまったのです!!

パリに住んでいた頃、最初の3年間はCharle de Gaulle Etoileに住んでいたので
そこから近くのモンソー公園で一日おきに10キロのジョギングを続けていましたが
それ以来のスポーツです。

普段の私はじっとしてることの多い読書や美術館巡りや旅行が趣味ですが
体を動かしてみることにしました。



今日初めて水泳に行ってきましたが、70代の高齢の方がとても多く
みんな私の目の前でジャバジャバ泳いでいて圧巻させられました。
私は泳げる人を前に、ドボドボと沈んでは浮かび上がり。。。。惨めな姿を披露しました。
もうさっそく挫折しそうになりましたが、お婆さんから
「あなた若いんだから大丈夫よ!すぐ泳げるわ。
私なんて70歳から始めて3年かかって泳げるようになったのよ。」
と励まされ、私もマイペースに焦らず愉しむ気持ちを一番にしよう!って前向きになれました。

それでも水の中に入るのはとっても楽しくて新鮮で、
新しいことを初めて、少しずつでも何か出来るようになったら、それは素敵なことだなって思えました。

自分の時間の一つとして大事な習慣にしていけたらいいと思います!


最初は使用料の安い市民プールにしようと思いましたが、スポーツクラブは設備が違います!
こちらはおススメ!
プール以外にも色んな種類のお風呂やジャグジー、サウナもあり、
シャンプー・リンス・ボディソープにメイク落とし、ドライヤーも完備で
ホテル並みです!なので仕事帰りやお出かけ前でも安心して気軽に利用できます!
時間の無い人でも気軽に行けるのがいいですね。


これからの新しい習慣にかんぱーい!



f0341967_17024412.jpg



[PR]
# by erikok0826 | 2016-08-03 17:52 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

早2年!!


先日の7月9日でパリから完全帰国して早2年が経ちました。

もう2年!っていうような、以外にまだ2年か?というような。
だってこの2年で随分と私は変わったし、生活がそもそもこんなに変わったのだから、
2年という歳月の重さを感じます。

ふとした時にパリにいる友人の顔が思い浮かんだり、
よく気が塞ぐと一人、街に繰り出して歩いた懐かしい道や路地が頭に浮かんだり。
なかなか自分の道を切り開けずに迷いながら生きていたあの頃のこと。
完全帰国をしようと決心がついた、2013年の大晦日から新年に日付が変わって
一人セーヌ川のほとりを彷徨い歩いていた、あの日あの瞬間の気持ち。


あの頃より少し、心がまるくなったかもしれない。
捻くれてもいないかもしれない。
私の事は私にしかわからないのよ!誰にも分からないわよ!
って意地になっていないところも。

自分で当時の自分を振り返ってみても
なににあそこまでこだわっていたのか、よくわからないと思うこともあるけれど、
素直な心で自分と向き合っていたら、ふと時がすべてを明かしてくれる。
時が経つと真実やあの当時分からなかったことも見えてくる。

否応がに時は大河の如く流れる。
流れた時間の重さを感じると、せつなくなることもあるけれど、
あ~でも私は精一杯生きてきたのだな。って思うこともあればまた逆もしかり。


これからも迷い立ち止まりながら、それでも私はやっぱりキラキラしたこの毎日を
私なりに精一杯生きて行くんだろうな。



f0341967_11244351.jpg





[PR]
# by erikok0826 | 2016-07-14 11:42 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

リフォーム終了まで後もう少し・・・



5月14日から一ヶ月以上続いている家の改築工事。
昨日ようやく外壁が終了し、足場も取れて見晴らしも良くなりました!

内装も壁も床も張り替えが全て終了し、
新型エアコンも下の階には全て取りつけ後は2階だけ。
残すところ建具や戸を新しく変えるのと、畳の張り替え、それに家の門を新しいものに取り換えたり。
ようやく形が見えてきました。

たくさんの職人さんが毎日出入りしていたので、休みの日もあまりゆっくりできず
休みになるたびに私は他の家に逃避していましたが
毎日職人さんに差し入れをしたり、留守を守っていた母は大変だったと思います。
(今日はお友達と旅行に出かけていてそれまたゆっくりできないでしょうが。。。)

おばあちゃんの家に預けていた文ちゃんももうすぐ家に里帰りできそうです。
ずっと離れ離れで寂しかったけど、新しくなった家、気に入ってくれるかな。


これから新しい畳が入ります。畳のいい香で部屋が包まれそう。


f0341967_11115679.jpg









[PR]
# by erikok0826 | 2016-06-30 16:09 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

ドラちゃんが届きました♪


サントリーが企画したキャンペーンでドラえもんの親子皿が誰でももれなく貰えるキャンペーン。
サントリーの商品についてるドラちゃんのシールを送ったら
ついに届きました!ドラちゃん皿!


f0341967_11050117.jpg

きゃわいい~☆


f0341967_11065920.jpg


f0341967_11083910.jpg



ドラえもんのお皿に喜ぶミドルエイジであった・・・・。











[PR]
# by erikok0826 | 2016-06-29 11:09 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)

ショックだったイギリスのEU離脱。


非常にショッキングなニュースで驚いた。
イギリスのEU残留か離脱かを決める国民投票で、英国民は離脱を選択した。
世界経済的にも今後のEUにとってもこれは歴史的に残念と言わざるを得ない結果だと思う。

私自身は最終的には英国民は残留を選択するだろうと思っていただけに
これは予想外の結果で残念だった。
これからヨーロッパは一体どこへ向かうのだろう?
民族主義、ポピュリズムに傾倒し、異文化や異民族に不寛容な社会になって行くのだろうか。

離脱票に投じた人は低学歴、低所得、もしくは反グローバルで国際化についていけなくなった
地方の高齢者というが、第二次世界大戦後、もしくはそれ以前より植民地を増やし
国益を図ってきたイギリスをはじめヨーロッパの戦勝国の数々は
植民地からの移民の力を基礎に、共存しうまくやっていた時期もあったはずではなかったか。

経済大国であったイギリスがEUから離脱すれば、金融の中心地はロンドンの金融シティーではなくなる。
かといって今のドイツ、フランスは内政で手一杯で、お互いに来年には大統領選を控え、
移民の流入で財政も圧迫しているため、EUを率先して引っ張れるだけの余力はない。
イギリスの離脱に拍車をかけるように、他のEU加盟国でも離脱の動きが益々強くなれば、
今後EUは機能しなくなっていく。
そうなれば横で隙を見て笑っているのはウクライナ問題でEU各国から制裁を受けているロシアだろう。


各国では極右政党や左派が支持票を伸ばしている。
その背景に移民の問題やそれに伴う雇用問題や社会保障の圧迫など
複雑な背景があるのは事実だが、移民流入問題とEUの事は別である。
移民により雇用を奪われたと思うのも、また然りである。
極右政党や左派はそう言ったことを安易に国民の不安を煽り立ててはいないだろうか。
そこに今の苦しいヨーロッパの現状がある。


キャメロン首相もEU残留か離脱かを問う国民投票を行うと公約してしまったのも浅はかであった。
間違った判断だったとしか言いようがない。
このようなナイーブで、専門家でも将来像が分からない問題を国民に白黒決めさせるのはよくなかった。
感情だけで決まるしかないのは目に見えていた。
イギリス議会は民主主義で、国民によって選ばれた議員によって政治を行っているのだから
慎重に世界経済や動向を見つつ、政治家が判断しなければならないものを国民に委ね
国民投票を行ってしまったのは、以前のギリシャ同様浅はかな行為である。


私がヨーロッパに行ったころ、今のヨーロッパとは違っていた。
また私が2014年に完全帰国した頃のヨーロッパと今のヨーロッパもまた大きく変貌した。

これから2年かけてイギリスは離脱に向けての交渉を始めるわけだが、
将来像は全く不透明であり、世界的に経済が落ち込むことは必須だ。
日本でも円高株安になり、せっかくデフレ脱却をし賃金も上がっただけに
この影響がどうなるのか、誰もわからない。

日本も参議院選を控えています。
国政に限らず世界の国際情勢にも無関心にならず、皆んなしっかり考えて自分の意見を咀嚼して、
新聞を読んで勉強して、今後を決める大事な一票を投票しに足を運んでほしいと思います。




[PR]
# by erikok0826 | 2016-06-25 11:36 | 出来事/ひとりごと | Comments(0)
line

日々の生活の雑記


by erikok0826
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31